乳幼児の中耳炎になる原因は?気をつける症状は?熱は無くても?

公開日:  最終更新日:2015/08/04

260a063a8674d278b829d8e9414e5ae2_s

乳幼児が級に「耳が痛い」と言い出す時は大体が急性中耳炎によるものです。

それに、悪いことに、痛みを訴える時間帯はほとんどが、病院診察時間外の夜に起こることが多いんです。

そんな時、どうすればいいのか、事前に少しでも知識があると、応急処置をして、次の朝、落ち着いて、病院へいけますよね。

あれも、これも、覚えられないので、最低限の知識を身につけましょう。

スポンサードリンク

乳幼児が中耳炎にかかる原因は?

乳幼児が耳が痛い、ということで一番多い原因は急性中耳炎です。

風邪が原因で起こることが多いです。

風邪がきっかけでどうして急性中耳炎に夏のかというと、増えた菌を含む鼻水が、鼻から耳に流れ込むことが原因となります。

子供の場合、耳管が短く、太く、水平に近いため中耳炎を起こしやすくなっているからです。

乳幼児が中耳炎かどうか判断する症状は?病院は行くの?どうしよう><

2歳未満のこどもさんでは、痛みを伝えられなくて、親は困ってしまいますよね。

症状としては、発熱、不機嫌、耳をさわる、夜泣き、などが、サインです。

症状が次のような時には、すぐに病院へ行きましょう!
(まず、普通に座らせてみてください)

・自宅に解熱鎮痛剤がない
・痛くて章k時や睡眠がとれない
・耳の後ろが腫れて、耳が立ってみえる
・フラフラして倒れる

逆に次のような状況でしたらおうちで様子をみていてもいいです

・よく眠る
・元気がある
・食事ができる

この時熱があるようでしたら、解熱鎮痛剤を飲ませて、翌朝の診療時間まで様子をみて、大丈夫です。

風邪が原因で急性中耳炎が起こることが多いので、まずは、風邪を長引かせないように風邪のケアを気をつけてしましょう。

鼻水がたまっているようだったら、こまめにとってあげましょう。

それでも、痛みを言うようでしたら、
痛い方の耳の後をを冷やしましょう。
保冷剤や氷を使う場合は冷えすぎないよう、布でくるんで使ってください。
エアコンなどで、部屋の温度を下げて、涼しくしましょう。

横に寝かせるのではなく、座らせたり、立たせてみてください、
鼻通りがよくなって、痛みがやわらぐ場合もあります。

以上を取り敢えずは気をつけて下さい。

どうしても、判断出来ない場合はどんな症状であっても、夜間急病センターに行ってくださいね。


スポンサードリンク

乳幼児が中耳炎かもしれないけど、熱はない!どうすればいいの?

耳痛が夜間に突然起こることが多いので、あわててしまいますよね。

上記のおうちで様子を見ていて良い場合と病院にすぐ行く場合を確認して
熱がなくても、痛みがあるので、その痛みをといるために、解熱鎮痛剤を飲ませて、様子をみてください。

そうして、翌朝耳鼻咽喉科を受診すれば、いいです。

まとめ

こどもがちょっと、体調悪そうなだけで、心配で、どうすればいいの!?
ってなってしまうのに、夜間に知識のない症状が起こると、親がパニックになってしまいますよね、

そんあことがないように、落ち着いて、判断し、処置が出来るようになるために、最低限の知識を身につけておきましょう。

こどもが元気な時に少し、勉強するといいですね。

元気で成長する、こどもが見れますようにね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑