母の日のプレゼントはまだ間に合う!?手作りを義母にあげる!

公開日: 

プレゼント

母の日のプレゼントを計画よく、立ててる方は
ゴールデンウィークが終わっても、余裕でしょうが、
予定通りいかない、とか我が家のように、
予算が組めなくなった・・って方もいるのでは?

仕方がないので、手作り小物を作って早いけど、
持って行ってきました。(5月7日)

手作り出来る方は参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

母の日のプレゼントってまだ間に合う!?頑張れば間に合う

我が家は毎年手作りのちらし寿司と茶碗蒸しと
5000円のフラワーアレンジメントを持って
義母の家に行って、みんなでワイワイ食べてました。

主人は私の料理を一度も「おいしい」といってくれませんが、
お義母さんやお義父さんや妹さんはいつも
「おいしい!」と言ってたべてくれるので、うれしくて、
毎年、作って持っていくのが、私の母の日のプレゼントでした。

母の日にはお義母さんに楽をしてもらうのが目的で始めましたが、
思いの外、好評で私もうれしくて、20数年間続いていました。

ところが、主人が定年で、出向先での給料が激減してしまって、
花を買うことも、ちらし寿司の材料を買う
予算すら出なくなってしまったんです。

それで、主人に
「今年の母の日は前と同じにするなら、お金下さい」と
言うと、「じゃあ、なんもせん!」と言われたのです。

これが4月の末くらいのことです。

そこで、私はさすがに、何もしないのは嫌だったので、
手芸が趣味だったので、家に生地は少しはあったので、
簡単に作れる小物を作ってあげることにしたんです。

これなら、手芸が得意なあなたでも、すぐに出来るでしょ!♪

母の日のプレゼントは手作り小物を急遽作りました

手芸が趣味といっても、最近は忙しくて、あまりしていなかったので、
思いの外、時間がかかってしまいました。

作った物は、簡単に作れる、巾着袋と
最近(でもないのかな・・・)はやりの
BOXティッシュの中身を携帯出来る、携帯ティッシュケースを
作りました。
これは、ポケットティッシュケースではないところがいいんです。
(自己満足しちゃってます><)

巾着袋は日もを通すだけでいいので、
ファスナー付けがいらないので、お手軽です。

ただ、私はこのひもの結び目を最近習いたての、
ちょっと、素敵な結びで作りました。

釈迦結び3

スポンサードリンク

釈迦結びといいます。
これが、難しくて、ちょっと難産でした。

この巾着の縫い方は4枚の布を重ねて縫うだけで、
中袋入の形になる方法です。

こちらのサイトがわかりやすいです。

携帯ティッシュケースはこちらのサイトを参考にしました。
(下の方にPDFのダウンロードリンクがあります)

ティッシュケース-2-2

ティッシュケース合体2

私はサイズはちょっと、変更しました。

生地も表裏とも1色でしましたが、
横幅は私は26cmにしました。

縦は27cmで作りましたが、
28cmにしてもよかったと思いました。

ティッシュを沢山入れるのであれば、
29cm位の方が、良いかもしれません。

ご参考まで・・・

母の日のプレゼントは義母には必ずします

今年は例年のちらし寿司を作ってもっていくことが
できなくなったので、7日にお義母さんに渡してきました。

喜んでくれたかどうかは、ちょっと、微妙^^でしたが、
私の気持ちはわかって、受け取ってくれました。

逆に今年、出来ないことを、気にしてくれて、
心配かけちゃいました。

私の一方的な自己満足かもしれませんが、
実家の母には何もしなくても、
お義母さんには必ず感謝の気持を伝えたいので、
何かしら、プレゼントはします。

主人にきちんと確認したら、「ケーキを持って行こう」
と言ったので、日曜日にはケーキを持って行ってきます。

まぁ、お母さんというものは、自分の息子や娘が
元気で幸せにしている姿を見るのが一番のプレゼントなんです。

だから、嫁の私の役目は息子である主人を
連れて行くことなんです。

プレゼントの金額じゃないのよね、と自分に言い聞かせてます。

まとめ

いろんな家族に形がありますから、お義母さんへの
感謝の気持ちがこもっていれば、物の大小でも、
金額の高低でもありません。

手芸得意のあなた、作ってみてはいかかですか?

まずは母の日にはなるべく、家族みんなで
元気な顔を見せてあげてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑